たった一言加えるだけで33%も断られづらくなる誘い方【影響力の武器】

恋愛心理学
YouTubeも更新頻度高めでやってます! ブログでは書ききれない恋愛心理テクニックも出していくので、こちらもよろしくお願いします。

カムロ(@kamurodayo)です。

LINEを交換してほしい

デートをしてほしい

ヤらせてほしい

恋愛ではたくさんの要求があります。

この要求を通せるスキルというのが、恋愛で成功するために重要なスキルになります。

いかに要求を通してもらうかという交渉ゲーム的要素を恋愛が含んでいるからです。

今回は「プラスたった一言」で、要求を飲んでもらえる確率が33%UPしたテクニックについて紹介したいと思います。

このテクニックは、恋愛ではもちろん、交渉事、営業など、仕事でもプライベートでもあらゆる場面で使えるテクニックです。

且つ、誰でも、今すぐに、使えるテクニックになっているので、ぜひ使ってみていただければと思います。

たった一言で要求が断られづらくなる

心理学者のエレン・ランガーが行った実験で、『ある一言』を付け加えるだけで、要求が30%以上高くなることがわかりました。

実験では、図書館のコピー機の前にいる人に

すみません……五枚だけなんですけど、先にコピーをとらせてくれませんか

と頼みました。

で、実際に順番を譲ってくれたのは六○%の人に過ぎませんでした。

次に

すみません……五枚だけなのですが、先にコピーをとらせてくれませんか? 急いでいるので

と頼んだところ、九四%もの人が順番を譲ってくれました。

この二つの頼み方の違いは、「急いでいるので」という【理由】がついているかどうか。

それだけで順番を譲ってもらえる確率が34%も上がったのです。

しかし、この実験には続きがあります。

この実験が面白いのは、もう一つ

すみません……五枚だけなのですが、先にコピーをとらせてくれませんか?コピーをとらなければならないので

という頼み方をしたところです。

先ほどは「急いでいるので」というもっともらしい理由がありました。

しかし、今回は「コピーをとらなければならないので」という理由になっていない、理由っぽいことを付け加えただけです。

にもかかわらず、93%もの人が順番を譲ってくれたのです

つまり…

「ので」という単語が発せられただけで、たとえその前に理由らしい理由が述べられていなくても、ほとんどの人は自動的に頼みを聞いてしまったのです。

これが【理由を添えると頼み事が成功しやすくなる】という「Because」の魔法です。

たったこれだけ。

人間の脳は単純なのです。

応用しやすい

・初対面の会話も理由付けをするとスムーズに懐に入りやすい

「こんにちは。タピオカおいしそうですね。何してるんですか?」

→「そのタピオカどこで買ったの?俺もタピオカ飲みたいんだけど」(タピオカについて聞きたいから(Because)、話しかけたという暗示)

・LINEを聞くときも

「LINE交換しよ」

→「また困ったとき助けてほしいからLINE教えて」(ちゃんとした理由付け)

→「連絡したいから、LINE教えて」(理由になってなくても理由付け)

・ご飯に誘うときも

「焼き肉食べにいこ」

→「この前焼き肉食べたいって言ってたじゃん。最近、近くにできた焼き肉屋おいしいらしいから行こう」(ちゃんとした理由付け)

→「焼き肉食べたいから食べに行こ」(理由になってなくても理由付け)

・ホテルに誘うときも

「ホテル行こう」「ちょっと休もう」

→「今電車乗ったら吐く。酔い覚ましたいから一回休もう」(ちゃんとした理由付け)

→「ホテル行きたいからホテル行こう」(理由になってなくても理由付け)

人間の脳は単純だ

人は根拠があると説得される確率が一気に上がる。

理由があるだけで納得感が得られる。

人間の脳は単純です。

なぜ単純かというと、全ての情報を処理していたらかなりのエネルギーを使ってしまう上に、非効率になるからです。

情報の整合性を自分で調べて検証して、判断するよりも、偉い人が言っているから正しいだろうと判断する。

そのほうが、脳にとって省エネで効率的です。

Becauseの魔法も同様、

「あ、なんか理由っぽいもの付いてるから、この人はもっともなこと言ってるんだ」

くらいで判断して、要求に対してOKしてしまうのです。

これだけで要求が30%以上も通りやすくなる。

ぜひ使ってみてください。

※参考書籍

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

コメント

カテゴリー

カムロ(@kamurodayo)
カムロ(@kamurodayo)をフォローする