会話を盛り上げる方法【モテるための会話テクニック】

モテ会話術
YouTubeも更新頻度高めでやってます! ブログでは書ききれない恋愛心理テクニックも出していくので、こちらもよろしくお願いします。

カムロ(@kamurodayo)です。

女の子と話していてもいまいち会話が盛り上がらない。

会話が途切れてしまう。

女の子が楽しそうじゃない。

会話を盛り上げることができなかったら、口説くとかそういうレベルじゃない。

女性は会話が大好き。

雑談が大好き。

そこで楽しませる、一緒に楽しむ能力は基礎中の基礎。

会話が盛り上がらないと、一緒にいて楽しくないのでどう頑張っても無理。

女の子を口説くための土台でもあり、会話を盛り上げることができるとかなり口説きやすくなります。

しかも、女の子だけではなく会話は人間関係において必要な要素になるので、ぜひ身に着けておきたいスキルです。

それでは、会話を盛り上げるための簡単な2つの要素についてみていきましょう。

盛り上がる会話とは

まず、会話とは何か?

会話とは、「反応の繰り返し」です。

相手が言ったことに対して、反応をする。

その反応に対して、相手も反応する。

この連鎖が会話です。

会話が盛り上がらない、話が続かないという人は、反応が下手だから

反応を良くすれば、相手の反応も上がり、会話が盛り上がります。

こっちがテンション高めで話しても、相手がテンションが低かったり反応が薄かったりしたら、こちらも少しトーンや気分が下がりますよね。

逆に、相手が明るく話して来たら、こちらも自然と同じような明るさで参加しますよね。

相手が、リアクションをしてくれればこちらも話したくなるし、リアクションがなければつまらないのかなと感じ、あまり話さないようになります。

つまり、会話とは反応である。反応を良くすれば会話が盛り上がるというわけです。

会話を盛り上げる方法

では、どのように反応を良くすればいいのか?

反応を良くする要素は二つあります。

一つ目は、オーバーに反応する。

二つ目は、笑顔です。

オーバーな反応をする

一つ目の『オーバーに反応する』について。

まず基本的に人は、自分を過大評価します。

スポットライト効果というものですね。

誰も自分のことなんて見ていないのに、みんなに見られているように感じてしまうという心理効果です。

反応も同様です。

自分では10のリアクションをしたと思っていても、相手からは6の反応くらいにしか見えません

つまり、多少オーバーなリアクションをしないと、反応が薄いように見えてしまうわけです。

でも、相手からもオーバーに見られてしまったら恥ずかしい。

仮に相手からオーバーに見えてしまっていても問題ありません。

むしろ好都合です。

よく笑ってくれる、わざとらしいくらいびっくりしてくれる、大きくうなづいてくれる。

こういった人が聞き手にいると非常に喋りりやすくなり、喋るのが楽しくなってきます。

この人は興味を持って自分の話を聞いてくれているんだと感じます。

そして、どんどん盛り上がります。

逆に、相槌や反応がなかったり、全く感情を読み取れないような人に話をすると、非常に居心地の悪さを感じ、話しづらくなります。

大前提として、僕らは女の子に楽しんでもらわなければいけません。その子を楽しませることができるエンターテイナーがモテるわけです。

女の子を楽しませるという気持ちを忘れずに、1.5~2倍くらいオーバーにリアクションしてみてください。

女の子はそれだけでも楽しんでくれます。

笑顔

二つ目の笑顔について。

これは言わずもがな笑顔で話していたほうが楽しいですよね。

もちろんこれだけの根拠でわざわざ取り上げるわけがありません。

表情と認知の逆因果

『表情と認知の逆因果』という現象があります。

実は…

楽しいから笑う」も「笑うから楽しい」も脳は基本的に区別できません。

そのため、楽しくなくても笑っていたら実際に楽しくなるということが起きます。

実際に、笑顔の表情をするだけで、笑った時と同じようにドーパミン系の神経活動が変化します。

恐怖の表情をするだけで、実際に恐怖を感じているときと同じように、視野が広がり眼球の動きが早くなり、鼻腔も広がり呼吸も深くなります。

表情の伝染

そして、人間には『表情が伝染する』という現象も起こります。

これは相手の表情と同じ表情を自分がすることによって、相手の感情を読み取ろうとする働きからくるものです。

また、ミラーニューロンにより、自分が体験をしていなくても、相手が楽しそうにしていることによって、自分も楽しくなってしまいます。


つまり、こちらが笑顔でいると相手も笑顔になる。

笑顔になることによってドーパミン系が活発になり、実際に楽しくなる。

そして、恋とはドーパミンの分泌が深くかかわっています。

ドーパミンとは、脳の報酬系を司るもので、要は快感や幸福を感じさせるものです。

笑顔にさせることができると、脳が恋をしている状態に近づくというわけです。

そして、話していてこんなにも楽しいと感じる。

会話が盛り上がるだけではなく、恋の始まりを作りやすくなります。

最後の演出

そして、会話を盛り上げた後にも、恋の発展を演出するセリフがいくつかあります。

会話を印象操作するセリフ

・俺らめっちゃ話し合うね!

・久しぶりにこんなに笑ったわ

・(初対面とかだったら)今日初めて会ったとは思えないね

・めっちゃ楽しかった!ありがとう!

これです。

要は、君といると特別楽しい、運命かもねということを匂わせるような発言をしましょう。

これで締めると、二人で話した時間がさらに特別なものであったと感じてもらえます。

この特別感や運命的なものに女の子は非常に弱く、恋に落ちるポイントになります。

会話が盛り上がると、この人といると楽しい幸せるになると感じます。

そして、もっと話したい、また会いたいという思いが膨らみます。こうやって恋愛が始まっていきます。

オーバーな反応と笑顔。

そして何より、女の子を楽しませるという気持ちが重要だ。

コメント

カテゴリー

カムロ(@kamurodayo)
カムロ(@kamurodayo)をフォローする